2008年07月28日

さんチャン。

200807281652001.jpg200807281654000.jpg

昨日の日記で、番組中にさんチャンにメールをした事を
書いたんですが、文章って難しいですね〜解釈の仕方が
人によって違うのでね〜。

最後に『打たない方が良かったかな〜』って思った!
と書いたのは、さんチャンが番組内で紹介をしなかった
からでは無しに、あの番組で全部紹介できないのは承知の上で
メールを打ちましたし・・何となくそう思っただけですので、
怒ってるとか寂しいとかでは、ないので分ってくださいね。

昨日の夜に(1:11)疲れているだろうにさんまさんからメールが来ました
内容は『ありがとうexclamationわーい(嬉しい顔)』でした、僕が気ずいたのが
少し遅かったのですが、1時56分に返信を・・
『頑張ってたな〜、疲れたあんたを見るのは初めてや.・・・・』等々
こんな時間でしたので、まさか返信は来ないって思って居ました
が、即『お互い年とったな〜exclamation×2exclamation×2わーい(嬉しい顔)また頼むでぇ黒ハート』でした、
『もう寝えや〜返信いらん』って打つと
『寝るexclamation×2』って来ました、メールを貰った全員に返信してたのかも眠い(睡眠)
・・・・今は未だ寝てるかも。
      ☆写真は25年程前ですね〜☆
posted by オール巨人 at 16:55| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
巨人さん、さんまさんお二人共若〜い。若い頃ヤングオーオー見てたのに、気付いてませんでしたC
今巨人さんとお近づきになれて、なんか損してたなぁって思ってます。さんまさん優しい方なんですね。今も第一線でおられるのは、きっとその性格の良さなんでしょうね。
Posted by 井上です)^o^( at 2008年07月28日 17:57
若っっ! 暴れん坊の頃ですね〜巨人さま!
昨日、鹿児島から帰り着いて、テレビで見てましたら、あっ絶対、巨人さまメール打ってるって、確信してました。さんまさんも嬉しかったに違いありません。
しかし、さんまさん、しゃべりっぱなし〜〜!
『お互い年とったな〜また頼むでぇ』は、ほんと無理は禁物!
御身体をご自愛御願いします。
Posted by kami at 2008年07月28日 18:12
わぁ…何だかすごく心が温かくなるエピソードですね。巨人さんもさんまさんも、人を思いやれる気持ちのある人なんだなぁ、素敵だなぁってしみじみ思いました。さんまさんのメール、メディアを通じて何となくイメージしてる「さんまさん像」そのもので、これまた微笑ましい気持ちになりました。素敵なエピソードありがとうございました♪
それから先日は東京公演お疲れ様でした。あんな空調設備だったとはつゆ知らず。いつものパワー全開の漫才に母娘共々たくさん笑わせて頂きました!本当にありがとうございました!
Posted by まる0505 at 2008年07月28日 21:50
お若いお二人ですね〜☆僕はこの頃は生まれてさえいないので、昔のお二人の姿をリアルタイムでは当然見たこともなく、残念です・・・(T_T)
それにしても、さんまさんは本当に優しい方ですね〜!お疲れのところちゃんと返事下さるなんて☆巨人師匠とさんまさんの熱い友情が垣間見えて、なんか感動しちゃいました(^ ^) 僕も巨人師匠とさんまさんのように、お互いを気遣い合えるような友人関係を作りたいです!
Posted by りょうた at 2008年07月29日 03:10
お二人とも本当に友達思いでステキです!
Posted by tomatoman at 2008年07月29日 09:02
27時間TVほんの少ししか見てませんが、紳助さんの現在の凄い活躍の原点は、松本竜介さんとの8年間の漫才ではないのかな?・・・とフッと思いました。さんまさんとは関係ないこと書いてしまいましたが・・・・

日頃なかなか会えなくても、分かりあえる"友情"っていいですね〜
Posted by スッチー at 2008年07月29日 20:56
こんばんは。
この写真、本当に懐かしいですね。
25年位前と言えば、当時私は高校生です。
MANZAI世代の、特に「49年組」の皆さんが大好きで、
テレビに釘付けだったのを思い出しました。

所で27日は仕事がお休みだった事もあり、
「27時間テレビ」はしっかい見ていました。
アシスタントの高島・中野両アナウンサーが
憎たらしく思える位(笑)、
さんまさんは体を張ってフル活動でした。
特にラスト近く、本当に気の毒でなりませんでした。
もし目の前にさんまさんがいらっしゃるなら、
大きな声で、「お疲れさま!」と
是非言いたいです。
Posted by セタミツコ at 2008年07月29日 21:21
さんまさんもギリギリの極限の体力の中
律儀に返信下さるんですね
(巨人さんだからでしょうけど…)
羨ましい限りの関係ですね。

お互いを気遣い 励まし合い 時にはライバルとして…
お二人には多くを語らずとも通じるものがあるのでしょうね。
相手がさんまさんに限らず
お写真の中の紳助さんやサブローさんなどexclamation
それと、皆さんが25年前から
常に第一線で活躍されているという事にも驚ですexclamation×2

いつまでもいつまでも
皆さんが元気でいて 竜介さんの分までも活躍して
ファンの私達を楽しませて下さいexclamation×2
ずっとずーっと応援させてもらいます
頑張って下さい。
Posted by なお♪ at 2008年07月29日 21:34
今回の番組で巨人さん世代の芸人さんのプライドと情熱を思い知りました。
笑いは時代とともに変化し今のものが悪いとはいいませんが、若い人達はこの鬼気迫る
笑いへの執念と与えられた役割に対する責任感を継承していって欲しいものです。
私の中でひょうきん族やヤングおー!おー!での躍動感あふれる巨人さんは記憶から消える
事は一生ないでしょう。
Posted by てつや at 2008年07月30日 06:11
なつかしいっす。
ひょうきん族見たさに、飲み会とか断ってたなあ。
当時のお笑いは忘れられないものが有ります。
Posted by torakinoko at 2008年07月30日 09:02
じーんとします。
あの番組を見てさんまさんも益々大好きになりました。
ところで、さんまさんと言えば さんまさんやしんすけさんは
巨人さんのお話をよくなさっていますが、
お好み焼きの食べ方(焼き方)でケンカをして、「お前とは一生お好み食べん!」とか
お風呂の話でしんすけさんに
「お前とは一生風呂に入らない!」というエピソードが大好きです。
同期の芸人さんならではの、おもしろいけどほっこりする、おもしろい話だなあと。

一番感動したのは
巨人さんがお父様が亡くなられた際に、通夜直後の漫才イベントにも休まず参加していたお話です。「あいつらプロやで!」としんすけさんが大絶賛していたお話です。しかも漫才の内容は、自分の父が亡くなった事が主なネタであり、観客もそれを聞いて大爆笑していたと。
このことについて紳助さんは「やりなれたネタであれば、目をつむっててもできるため、泣いてしまうのは目に見えていた。そのためあえて難しいネタをアドリブとして持ってくることで両者の緊張感を高めていた」としてたというお話で。

自分の悲しみもお客さんの笑いに変えてしまう漫才師というお仕事はかっこいいですね。
でも、無理なさらないで頑張ってください!
Posted by みあ at 2008年07月30日 13:36
27時間テレビを見て、お笑いの持つパワー、素晴らしさを改めて実感しました。
何も考えず、ただ笑って、笑って、笑っていました。
そしてラストのさんまさんの最高のどや顔を見ながら、私も明日頑張ろう!と思っちゃってました。

(勝手な希望ですが、巨人さん、さんまさん、紳助さんの三人で番組をやってもらいたいです。)
Posted by びょんびょん at 2008年07月30日 21:22
お二人のやりとりってなんかいいですね。
Posted by やすこ at 2008年07月30日 23:02
こんにちは。^^
さんまさんってとても律儀な方なんですね。
とても疲れていたようですし、すごいなぁて思います。
巨人さんの気持ちがうれしかったのですね。^^
Posted by 外為 at 2008年07月31日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。